WaDSblog

ちょび之助の戯言におつきあいを。

過去記事はブログ人でやっていたモノを厳選し加筆して載せておりますので
gooブログ版と重複しているモノもあります。

Spreading the Disease, again

f:id:chobinosuke:20151129184233j:plain

やっとSpreading the Diseaseの30th Anniversary盤が届きました!

f:id:chobinosuke:20151129184232j:plain

裏側はこんな感じ。30にガスマスク。

f:id:chobinosuke:20151129184231j:plain

開封するとNOTMANとチャーリーが書いたイラスト、歌詞カード・ライナーノーツが!輸入盤に入っているのは珍しい。

f:id:chobinosuke:20151129184230j:plain

開いて左側。

f:id:chobinosuke:20151129184229j:plain

と右側。最近こう言うThraserな着方、被り方が流行ったのに時代を感じました。

f:id:chobinosuke:20151129184228j:plain

ディスクを取るとこんな感じ。手書きのバンドロゴが懐かしい。
「上履」に俺も真似して書いてましたww。

このアルバムが本国アメリカで発売される頃、オイラは坊主頭が伸びてきた受験生でした。アホだから「気合入れっぞ!」とか言って部活で最後の大会前に坊主にし…いや、既に長髪にする準備が整っていたから長い方だったのに勢いに負けて坊主にさせられましたw。

時期的には友人から借りたRide The Lightning(Metallic)を聴いた直後ぐらいで、Powerslave(Iron Maiden)から始まりMetal Heart(Accept)と行き、LAメタル(今のヘア・メタルですね)から離れだしNWOBHM寄りになったのがこの頃だと思います…今にしてなんですが、「LA?これからはPower Metalでしょ。」と厨二病真っ盛りでした。
Power Metalでしょって言ってた割にはMetallicaを聴いて「おい、Thrashだよ。もうThrashしか聴けねぇわ」って直ぐに影響を受けて「お年玉貰ったら新宿行ってこのジャケがすげぇからアンスラックス買うわ」と早くもジャケ買い予告してましたw。

聴く事が出来たのは受験が明けた後、3月か4月だったような…正月は「ウチで大人しくしてないとレコード買わせない」ぐらいな親の勢いだったので諦め、池袋パルコの山野楽器で日本盤を買いました。(この当時は担当のおねぇさまが頑張っていただいたのでMetal系が充実しており、シェイカーのサイン会の時にはマーシーに頭を撫でてもらった(↑坊主!)思い出もあります。武道館にも行きたかったなぁ…)。

話が長くなったw。では本題へ。

今まで聴いた有りと有らゆるアルバムの中で恐らく3本の指に入るぐらいの回数を聴いてます。それだけ影響は強かったし、未だに聴いてます。贅沢(?)を言えば「アナログで聴きたい」ってのですかね。プレイヤー処分しちゃったんでもう聴けないんですよ。針落としてノイズが始まりA.I.R.のリフが鳴るともう最高で、定番、基本、王道、捨て曲無しと挙げれば絶賛しか出てきません。
一曲あげるなら一番評価されてないと思われるS.S.C./Stand Or Fallです。この曲の評価が低いように思うんです。インストルメントから入ってオーディエンスとの掛け合いを意識したサビ。好きなんですけど、やはり他の曲が良過ぎるんでしょう。

で、今回の30th Anniversary盤ですが、Remasterで音の粒が立ってる!一音一音がより際立っているように思います。

そして何と言ってもDisc 2の中野サンプラザでのLiveだと思います。このLive、行けなかったLiveなんですよ…
Anthraxが来る前にHelloweenが来てその時のLiveで、「Anthraxのチケットはどうせソールドアウトでしょ。行けないよな。」と思ってたんでHelloweenのTシャツ2枚を会場で買ってるんですね。 で、公演終わって「いやぁ〜最高だった!最高だった!」とバンド組んでたダチと出てきたら「Anthraxのチケットありますよ〜!」って拡声器で叫んでるんですよ…( ̄◇ ̄;)まさか手売りであるとは。なら公演前にあるって言ってよ…
月日は過ぎMetalを聴く事を一時止め、そしてまた聴き始めてAt O-East on April 5, 2012年です。Scottの目の前、最前列で俺はLiveを観る事が出来ました(あの時のカップルのおねぇーさん、おにぃーさん、場所空けてくれてありがとう!あの時感動のあまり泣きそうだったんだよw)。
音質は悪くないですね!それにしてもこの当時の日本で公演された他のバンドのライブ音源もかなりの数があるのかもしれませんね。

Rhythm Track Tape Versionはボーカル無し、リード無しのチャーリー、スコット、フランク三人がデモってる感じで物凄いマニア向けです。この三人のリズム隊はやはり凄い。曲をコピーするにはとても重宝しますね。

30年と言う時間は早くも長くも感じましたが、80年代後半シーンがどう変わってきたかを改めて勉強しようと思います。

Mosh hard . . . always!!

[参考]
ANTHRAX | Official Website
http://anthrax.com

[広告:Amazon]

Spreading the Disease

Spreading the Disease

 

↑US盤。↓日本盤です。 収録曲に替わりはありませんね。

狂気のスラッシュ感染<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

狂気のスラッシュ感染<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)

 

 

後付:
Moshと言う言葉を知ってもう30年か…

後付2:

https://www.instagram.com/p/9Bexc_Q94-/

Mosh it up !!! \m/ #30thAnniversary #Anthrax

アナログ(日本盤)と90年代前半の頃に購入したCDです。
Instagramにあげてたのを忘れてましたw

index : Metal