WaDSblog

ちょび之助の戯言におつきあいを。

百均の豆苗プランターでハイドロボールを使ってベビーリーフを育ててみる!その1

園芸系YouTubeを見続けていると必ず水耕栽培の動画がおすすめされます。室内でのハイドロボール栽培も多いですね。で、やっぱやってみたくなるじゃないですか!今回は水耕栽培でベビーリーフを育てていきます!用意したのは、

百均の豆苗プランターダイソーのハイドロボール 小粒

豆苗プランターダイソーハイドロボール 小粒です。
豆苗プランターダイソー以外の百円ショップでも売っている物です。最初はキッチンの水切りカゴでやろうと考えたのですが、テーブルの上に置いたんじゃ邪魔になる。色々と探しましたら、シーズンに入ってこの豆苗プランターを発見!丁度良い大きさなのがお気に入りです。
ハイドロボールはダイソーの小粒タイプ。どうやら小粒タイプが良いみたいなのでこれにしました。

豆苗プランターにハイドロボールを入れる

先にハイドロボールを入れてみます。ザルの網目の中央が段差になっているので上から2段目ぐらいまで入れてみました。この位置まで入れるとハイドロボールが半分以上余りました。一袋で二鉢分ぐらい入っているようです。

ハイドロボールを豆苗プランターに入れ、水を挿入。ザル部分を上げてみると…

水を入れてザル部分を上げるとこの汚れ。念の為に水洗いをしっかりして、4・5回水替えして濯ぎました。目が細かめだから大丈夫だと思っていたのですが、それ以上に小さなハイドロボールは落ちます。ちょっとだけ面倒になりますね。

豆苗プランターとベビーリーフの種

用意した種はダイソーの"2個で100円シリーズ”のベビーリーフ。入門としては丁度良い値段です。

豆苗プランターに撒いたベビーリーフの種

種の量は二つまみぐらいを適当に撒きました。これだけ撒いてもあと2・3回は撒けるぐらい種が残ってます。

撒いた後、1日目(上)、二日目(下)

翌朝にはもう発芽!二日目には半分以上が芽を出していました。恐るべき生命力。発芽率85%は伊達じゃないですね。

今後は伸びてきたら間引いて、残した物を育てていこうと思っています。上手くいくのか?

と、ここまで書いて一週間の放置w。現在は、

発芽から一週間経ったベビーリーフと高濃度フルボ酸活力液 アタックT-1

徒長しまくり!戻り梅雨で日照が足りなさすぎだったのかもしれませんね。三日目からは

[広告:Amazon]

高濃度フルボ酸活力液 アタックT-1を1000倍希釈してあげています。もう一週間だけみてダメならスプラウトな感じでサラダに入れちゃって、新しく撒きなおすとするか!

[広告:Amazon]