読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WaDSblog

ちょび之助の戯言におつきあいを。

過去記事はブログ人でやっていたモノを厳選し加筆して載せておりますので
gooブログ版と重複しているモノもあります。

東京夜行電車大作戦リベンジ[2012]

リベンジです、リベンジ。って事で今回は夏に出来なかった東京夜行電車大作戦を決行しました。で、まずはお約束で上野へ。

f:id:chobinosuke:20150920230439j:plain

あけぼのですね。いつも13番線からなんでこの日は14・15番線ホームから撮ることに。カマは1132号機でした。あぁ乗りたい!

f:id:chobinosuke:20150920230438j:plain

16・17番線ホームにはフレッシュひたち車両E653系のが2編成並んでました。あけぼのの出発を見送って東京駅へ。

f:id:chobinosuke:20150920230436j:plain

ここからが大作戦のスタート!先ずはサンライズです。いつも羨ましいって思っちゃうんですよね、このホームに立ってると。

サンライズを見送り中央線快速で新宿へ。身体が寒くなりコーヒーが飲みたくなってスタバに入ってまったりしてましたら…入線に遅れましたorz。

f:id:chobinosuke:20150920230434j:plain

この日はマリ32編成。で、基本乗り鉄ですから勿論乗る訳です。大作戦の最初の思いつきは「ムーライトえちごを大宮まで乗る」でしたからね。

一通り撮って車内へ、その前に車掌さんがホームにいたので検札…そりゃ車掌さん笑うよね、大宮までしか乗らないんだから。車掌さん、僕も半分は新潟県人の血で出来てますからその内新潟へお邪魔させていただきます!

出発まではまったりと車内を楽しむ。若い子たちはこれからスキーなのかな、楽しそうだ。
隣にN'EXが着たりしてInstagramにもアップする。iPhoneお持ちの方はchobinosukeで探していただけると見られますよ!

https://instagram.com/p/fIcVb/

隣には池袋行きのN'EX

定時で出発。大宮までは30分の旅だ!
見慣れた景色の筈なのになんだか変に新鮮に見えた。普段この目線で見ていないからだろう。

池袋着。指定は売り切れているのに隣には誰も来なかった…周りもほぼいない状態。取るだけ取るってのがまだあるのかな…にしても車内は暑い。隣が来る事を考えてダウンを脱がないでいたのが失敗だったw。

一番新鮮だったのは巣鴨かな。山手線はここからが多いからホント変な感じだった。

トンネルを潜り、王子、赤羽と過ぎて行く。この車窓はいつも格別だ!
荒川大橋を渡り川口、浦和とあっと言う間に過ぎていく。スーパーアリーナが見えてきた所で降車の準備。デッキへ向かうと車掌さんも準備をしていた。

f:id:chobinosuke:20150920230433j:plain

大宮駅9番線に到着。そして見送り…このまま乗っていたかったなぁ…。

さぁ次は能登!到着は11番線か。その前に改札。そしてトイレw。
ホームへ向かうと終電近くだからか飲み終えた若い子達で賑わっていた。

f:id:chobinosuke:20150920230432j:plain

久々の485系。コイツにもいつか乗りたいな。出発を見送り本日はみっしょんこんぷりーと!!!
終電前の赤羽行きで戻りました。

では、この日のスケジューツをどうぞ!

あけぼの
21:15発上野駅13番線

サンライズ出雲・瀬戸
22:00発東京駅9番線

中央線快速
22:08発
22:29新宿着

ムーンライトえちご
23:10発新宿駅5番線
23:40大宮着9番線

能登
23:59大宮着11番線

京浜東北線
00:14大宮発赤羽行き

前回も書きましたが赤羽までしか戻れませんからね。やろうと思った方は注意してください。

寒かった?暑かった?そんな一日だった@chobinosukeでした。

後付:
次回ですが、全く計画無しです。まぁ息子さんが大きくなるまでは我慢が必要のようですねw

後付[2015.]:
こちらに載せる為に古いデータから起こして写真を新しくしました!goo版より大きくなってます。
リベンジ…あと何度かやりたかったのですが…寝台も夜行も夢の話になってしまうのですね…ではオマケを。

f:id:chobinosuke:20150920230437j:plain

211系とサンライズ出雲・瀬戸

f:id:chobinosuke:20150920230435j:plain

この並びももう撮れないだろうと沢山撮ってました。

[広告:Amazon]

上野発の夜行列車・名列車 (キャンブックス)

上野発の夜行列車・名列車 (キャンブックス)