読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WaDSblog

ちょび之助の戯言におつきあいを。

過去記事はブログ人でやっていたモノを厳選し加筆して載せておりますので
gooブログ版と重複しているモノもあります。

八戸、そして終着。

f:id:chobinosuke:20150815110054j:plain

05:52発八戸行きの特急つがる2号。これに乗っているのもあっという間なんだろうな。
ここからは指定なのでゆっくり出来る。青森・函館フリーきっぷは往復だけは指定を使える(フリーエリアは自由席にしか乗れない)。往復に新幹線・つがるを使えば普通に切符を買うより安く済む。

実際、ホントにあっという間だった。野辺地で日本最初の鉄道防雪林があった以外は全くと言っていいほど何も入ってこなかった…半分寝てましたからねw。

6:48、八戸着。直ぐにエスカレータがあって乗り換えが楽だった…ナイスだ、巣鴨の窓口さん…これは助かった。
でも、オイラはここで休憩を取る予定だったので次の新幹線にしていた。

おみやげ、朝食を買い。用を足す。新幹線ホームに向かい写真を撮る。

f:id:chobinosuke:20150815110055j:plain

いよいよ最後。7:09発はやて4号。東京には10:35に着く。
写真を撮り終え一服。ここでも喫煙所は大盛況。はぁ、にしても乗る場所までが遠い。

定刻通り新幹線は出発…にしても早い…って当たり前か。
でもなんだか面白くない。在来線だと特急に乗っていても「生活」が見える。それが魅力なんだろうな。

あっという間に盛岡。もちろんDSテレビを出してエリア取得。この先の楽しみはこれだけか。
それは仙台に着いても、宇都宮辺りを通過してもいっしょだった。
オイラにはやっぱり在来線があっているな。次の旅は新幹線に乗らないぞと決めた。

大宮、鉄博は反対側だったので見られず。残すは上野、東京だ。
高島平の清掃工場が見えてきてもう東京かと思う。
赤羽を通過…あっ、西が丘が見えるんだ…と思っていると十条、王子と過ぎていく。

ため息をついていたら地下へ。上野か。まだこの駅も使われているんだな。前に来たのは…20年も前の話か。
降り支度を始める。いよいよゴール。だがなんかあっけない。あっという間に東京駅に到着。

f:id:chobinosuke:20150815110056j:plain

10:35。何事も無くゴール&ガッツポーズ!(馬鹿だからホントにやってますw)…あっ、まだこのツアー終わってないんだ…そう、ウチに帰って仮眠してライブに行かなきゃいけないんだな。

後付[2015.08]:こちらに載せる為に古いデータから起こして写真を新しくしました!goo版より大きくなってます。東京駅のだけは見つからなかったのでそのまま使っております。

この旅で学んだのは「新幹線エンディングは止めよう」ですねw。ぱぁーっと帰ってきちゃうと面白くないんですよ。「帰京は下で!」がオススメでございます。ではオマケを。

f:id:chobinosuke:20150815110057j:plain

485系3000番台使用の白鳥とはまなす。この姿が見られるのも…
これで見てで乗ってみたくなって、この後二回乗りに来ております。

f:id:chobinosuke:20150815110058j:plain

485系3000番台上沼垂色のいなほ。
E653系1000番台に替わり、青森へも来なくなってますね。

f:id:chobinosuke:20150815110059j:plain

最後は751系を…なんでこっちを使わなかったのかと思ったのでw

[広告:Amazon]

徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)

徹底解析!!JR東日本 (洋泉社MOOK)

 

index:ちょび、青森・函館フリーきっぷの旅…なのに札幌まで行くよ

「寝台特急あけぼの」がオイラを北へ運ぶ[前編]
「寝台特急あけぼの」がオイラを北へ運ぶ[後編]
青函トンネルを抜けて北海道へ
SL函館大沼号に乗車!!![前編]
SL函館大沼号に乗車!!![後編]
札幌まで。札幌にて。
札幌駅で。
急行はまなすで帰路へ。
八戸、そして終着
ちょび、青森・函館フリーきっぷの旅…なのに札幌まで行くよ[エピローグ]