読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WaDSblog

ちょび之助の戯言におつきあいを。

過去記事はブログ人でやっていたモノを厳選し加筆して載せておりますので
gooブログ版と重複しているモノもあります。

日比谷野外音楽堂2007 "俺たちの明日"

仕事だったんですよ。しかもかなり大事な日(日曜もなのに休む俺って…みんなスマン。だから今まで我がまま言わなかったってのに気づいてくれ)。

そんな中16:45には会場へ。今回は立ち見だったので、どうせ先生はまともに見られないからセンター(ミキサー後ろ)に陣取り、聴く事中心にしました。

にしてもスーツは暑かった。しかもすげぇ〜浮いてる感出まくりw。脱いでネクタイ取ったけど…これで先生みたいって言われるのが嫌だよなぁw。決して好きでそんな恰好した訳じゃないんですよ…多少の意識も無いって言ったら嘘ですけどねw。

 

スタートはまだ明るく、"「序曲」夢のちまた"から始まる意外なスタート。なんとなくだけど、この選曲はその場の思いつきのような気がした。

その直後に"俺たちの明日"。フルで聴いたのはもちろん始めてだが、これからのエレカシが見えた。

やらないと思っていた曲その1"奴隷天国"!指差しながらの「おめぇだよ」はやはり最高。

一番東京らしいと思ったのが"上野の山"。これは狙ってきたな。

"てって"は絶対やってくれると思ってました…にしても周りのノリがイマイチのような気がした。客層がどうみてもポニーキャニオン時代を引きずってっからなんだろうけど…隣に居たおにぃちゃんが居なかったら俺も辛かっただろうな(おにぃちゃん、ありがとう!お陰ですげぇ楽しかったよ)。

やらないと思っていた曲その2"DJ in My Life"。こっからは周りも考えずにデカイ声で唄いましたよw。そしてユーミンのカバー"翳りゆく部屋"。元歌も知っていただけに意外っちゃ〜意外かな。

賛否両論に包まれている"笑顔の未来(涙のテロリスト)"。タイトル変えちゃうのか。おれは"テロ"ってのが先生らしいとは思うんだけど、世間が許してくれねぇんだろうな。曲としては絶対ありだと思う。アルバム楽しみだな。

"I don't know たゆまずに"(前日雨だったからやったんだろうな)、"生命讃歌"。ラストは野音ならでは?"今宵の月のように"。これで一応終了。

アンコール一回目は"ガストロンジャー"。その後に"ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ"をやるとは…これが一番意外だったな。"月の夜"、"so many peple"、"星の降るような夜に"とお決まりな感が。良いんだけど意外性をここで出してほしかった。それと先生が「月見えない」って言ってましたけど、オイラはしっかりと月を眺めながら聴かせていただきました…これぞ野音!…ですね。

 

アンコール二回目。"武蔵野"かよ!そして"なぜだか、俺は祈ってゐた。"。申し訳無いんですがこの奥深さ分からないと思うんですよ、城北育ちじゃなきゃ。同じ東京でも山手とも下町とも城西とも城東とも違うんですよ。"武蔵野"の詩の中に出てくるですよ、「空気だけで感じるのさ」って。それなんですけどね、でもそれなんですよ。ねっ、わからないでしょw。でもオイラには解るんですよ。流石に"なぜだか、"のイントロでは熱い思いが込み上げてきました(仕事帰り、駅からの帰宅時にはこれをiPodで聴きながら自宅に着くんですよ)。

ラストは"俺たちの明日"。最初に書いた通りで、この曲がこれからのエレファントカシマシだ。これで締めるのが一番だったんだろう。

 

"デーデ"、"花男"はやると思ったんですけどねぇ。あとはやっぱり"覚醒"は…orz。

にしても最高な時間を過ごせました。

帰りには黒Tシャツと文豪Tシャツを購入。俺の中ではかなり気に入ってます!

 

[広告:Amazon]

俺たちの明日(初回盤)(DVD付)

俺たちの明日(初回盤)(DVD付)

 

この日の映像が初回盤に入ってます。確か蔦谷さんが初めて参加してるんですよね。